家づくり

ずっとこだわり続けてきたプロ意識があります。

全ては、お客様の幸せな毎日のために

大切なのは、お客様に安心して暮らし続けて頂くこと。
妥協せず真摯に家づくりに取り組むことで、心地よい生活を実現するお手伝いをしたい。
ワダハウジングはお客様の声を大切に、これからも進み続けます。

POINT 1

ワダハウジングは地域で 「一番価格がわかりやすい」 注文住宅会社

価格面の不安を解消する、わかりやすい総額表示

注文住宅を建てる際、価格がわかりにくいと心配ですよね。全部でいくらかかるのか不透明な状態では、せっかくの家づくりも楽しめません。
ワダハウジングの注文住宅は、間取り自由・デザインフリーで2000万円(税別)のワンプライス。お客様の不安を解消するため、本体工事や付帯工事に建築に関する諸経費、さらにはハイグレードな各種設備を全て含めた総額表示を行っています。価格がシンプルでわかりやすいので資金計画への不安がぐっと軽減され、安心して家づくりをお楽しみいただけます。

POINT 2

ワダハウジングは地域で 「一番高品質な自然素材住宅を提供する」 注文住宅会社

高品質な自然素材を使った、住む人にやさしい家

ワダハウジングには、材木屋として代々受け継がれてきた自然素材のノウハウがあります。耐久性に優れた木造在来工法で建てる家の土台や柱には、国産の桧をふんだんに使用。室内に入ると、木の良い香りが体全体を包むのを体感して頂けます。
上質な木材には天然の調湿作用があり、シックハウス症候群やアレルギーの原因となるカビやダニの発生を抑えることがわかっています。家族皆が健康に暮らせる家を実現するため、私たちは質の良い自然素材にこだわります。

POINT 3

ワダハウジングは地域で 「一番安心でアフター対応が良い」 注文住宅会社

安心して住み続けて頂くために私たちができること

私たちは、お客様に安心して地域に住み続けて頂きたいと考えています。そのためにワダハウジングでは、耐震性・耐久性・断熱性に優れた「長期優良住宅」仕様を標準に家づくりを行っています。良質な家を建てることで住んだ後のトラブルを防ぎ、万が一のときには充実の各種保証で手厚くカバー。あらゆる不安要素を排除します。
また、完成後3ヶ月、1年、3年、5年、10年のタイミングで定期点検を行います。家を建てた後もお客様とのご縁を大切にしたいとの想いから、10年目は社長自らが点検に伺っています。

ワダハウジングの家 Wada housing

お客様の理想を実現する充実のラインナップ

和田ハウジングでは、間取り自由・デザインフリーで2000万円(税別)ワンプライスの注文住宅「リベルテ」や、国産桧をはじめとした天然素材を贅沢に使った「N+(エヌプラス)」、家計と地球にやさしいZEH(ネット・ゼロ・エネルギー)仕様の「ZERO(ゼロ)」など、お客様のさまざまなニーズに応える充実のラインナップをご用意しています。
ワダハウジングの質や機能、デザインへのこだわり、わかりやすい価格表示はお客様の家づくりの不安を解消して、ワクワクをプラスします。大切な家づくりだからこそ、お客様には思いっきり楽しんで頂きたいのです。
お客様の夢の暮らしを、ぜひ教えてください。一緒に理想を実現していきましょう。

この土地に安心して住み続けて頂くために

ワダハウジングでは家を建てた後も長いお付き合いで定期点検を5回行います。それも、皆さまに長く安心をしてこの土地に住み続けて頂きたいという思いからです。

定期点検の時期が近付いた頃、事前に往復はがきにて皆様にご案内をしております。皆様のご都合に合わせてお伺いさせて頂きますので、日々お忙しい方でもご安心下さい。

ワダハウジングの定期点検

「ドアノブのゆるみ」から「塗り壁のひび割れ」「床下収納の不具合」まで。小さなことでもワダハウジングでは直ぐに点検に伺います。
暮らしの中で何か少しでも気になる事がありましたらご遠慮無くご連絡ください。

アフターメンテナンスについて

基本に忠実な家づくり Faithful to the basic

材木屋さんがつくる基本に忠実で高品位な家。
「地震に強く、長持ちして、暖かく、使いやすく、身体に優しい」
私たちは、特別な工法や技術に頼るのではなく、徹底的に木造住宅の基本を見つめなおし、基本性能である『耐震性能・耐久性能・省エネ性能・バリアフリー性能』『維持管理性能・空気環境性能等』をさらに向上させることに取り組みました。
住宅をより長い期間保持をし、そして自然環境への負担も軽減することで豊かで優しい暮らしを実現することができます。

1 『家の骨組みにつかう木材の量には徹底的にこだわる』

梁や柱は耐震性を高める要となり、耐震度の高い家につながります。『安心な家』には欠かせない重要なポイントです。
特に、梁にはできる限り太い木材を使用し、柱の本数も肝心な箇所には慎重に多く入れています。

2 『使用する木材は、すべて含水率20%以下の乾燥木材、そして全ての柱に国産ヒノキのムク材を使用』

以上の考え方に基づき『上質なデザインを備えた品質の高い木造住宅を、東濃地方の皆さまに、
適正価格で提供していく』をコンセプトとして、家づくりに取り組んでいます。

高品位住宅について

自然素材について

技術力×提案力について