100年の信頼と歴史

タイトル入れる

私たちワダハウジングは創業100年を迎えました。
今まで受け継いできた歴史に挑戦心を加えて
今まで支えて下さった方々に還元していきます。

創業Foundation

「和田製材株式会社」として創業大正6年より材木屋の知識や経験を活かし、国産の良質な木材にこだわり続けてきました。初代和田由三郎が和田材木店創業し材木業と共に建築業を始めたことをスタートに、学校の建築や木造住宅の建築に大きく携わり、住宅業界に貢献をしました。
2代目和田ゑみが代表を引き継ぎ戦時中の軍需工場の建設に携わった後、3代目和田増男が事業を引き継ぎ和田製材株式会社設立を成し遂げました。これをきっかけに法人として本格的な活動が始まります。

「ワダハウジング」の誕生Birth of "WADA HOUSING"

昭和44年4代目 和田 全弘が和田 増男より事業引継ぎで代表取締役社長に就任。これをきっかけに現社屋建設、建築業より撤退し、木材・住宅管財販売業に特化し始めます。平成に入り、5代目 和田 浩志が「ワダハウジング」として戸建注文住宅事業を立ち上げを決意。
より、お客様のためになる。地元の人の暮らしに貢献できる事業でありたいという誠実な想いからエネルギーは生まれました。
お客様へとのコミュニケーションも増やすために、現在の情報誌「住楽館」第一号を発行。平成15年には現在の「ワダハウジング祭」を開催し、大好評を得ました。

いつも身近にいる良い聞き手としてAs the good listener who is always here close.

平成18年5代目 和田 浩志が代表取締役社長 就任をしてから、さらに注文住宅の品質向上に尽力し今日のワダハウジングができるまで多くの新しい取り組みに挑戦し続けてきました。高品位住宅、長期優良住宅の取得ができる家づくり。職人講習会等のセミナーを行い、より良い家づくりを提供できるように、と課題はまだまだあります。

課題を自ら見つけ、解決をしていくためには『お客様の声を真剣に聞く』これしかありません。地域密着で皆さまの近くに寄り添い、小さな不安、要望を解消し誰もが素敵な住まいを当たり前のように手に入れられる未来をめざして今後も挑戦をしていきたいと思っております。

日本の伝統Japanese tradition
      木造在来工法専門の工務店であること

私たちワダハウジングは、日本の伝統である『木造在来工法』を専門とした工務店です。木にはシックハウス症候群の原因となる有機物質の発生を抑えたり、高い調湿効果があるので、高多湿な日本の暮らしにおいて、ストレスフリーな暮らしを送ることができます。
実際に、あるマウス実験では木造住宅に似せた環境で育てたチームが、仲よく暮らし、健康状態も良好だったと証明されています。
人間も自然界に生きる動物であり、そして私たちは日本に暮らしています。日本の伝統には、日本だからこそ受け継がれる理由があるのです。