社長ブログ

工務店への相談の仕方「知ったかぶりしない」

  • 2018年6月1日
  • 社長ブログ

 

 

 

こんにちは。土岐市の和田製材株式会社・和田浩志です。

 


お客様のお相手をしていて、よく困ることがあります。

 


それは、「私は家づくりのことをよく知っているぞ!」と、お客様が「知ったかぶり」をされるときです(失礼な言い方をしてごめんなさい!)。

 


もちろん、知ったかぶりではなく、本当に知識を持っていらっしゃる方もみえます。

 


でも、大部分の方はそうではありません。

 


私たちも家づくりのプロなので、少しお話をすればわかります。

 


多分、そんなお客様の心理としては、「工務店になめられてはいけないから、知識をアピールしよう」というものかもしれませんが、どんな場合でも私たちがお客様を「なめる」などと言う事は絶対ありません。

 


逆です。

 


私たちは、「この方は初めて家づくりをされようとしてみえるのだから、お役に立つようにしなければ。」と考えています。

 


私たちはそう考えていますので、わからないことは素直にご質問して頂いた方がありがたいのです。

 


何を聞いたらいいいかわからない場合は、「家を新築したいけど、本当に何をしていいかわからないんです」と言われることをオススメいたします。

 


そうおっしゃって頂ければ、「よし!しっかりこの方のお役に立てるようにアドバイスしよう!!」と思うのです。

 


弊社でも、明日から土岐市にて実例見学会を開催いたします。

 


ご参加される際には、ぜひ純粋にわからないことを聞いて頂ければと思います。

 


覚えておいてください。

 


では、あなた様と実例見学会でお会いできるのを楽しみにしています。

 

 

 

 

 


土岐市で新築の家づくりの相談をするなら

ワダハウジング 和田製材株式会社

和田浩志