社長ブログ

家づくりは業者選び⑪「家の外壁って長持ちするの?」

  • 2018年11月1日
  • 社長ブログ

 

 

こんにちは!和田浩志です。

 

今回は、「家の外壁」についてお話したいと思います。


お客様とのお話の中で、多いご質問の一つに外壁の塗り替えについてがあります。


先日も瑞浪市のあるお客様が、「和田さん、外壁って何年後に塗り替えが必要なんですか? 種類によっても違うんですよね?」とおっしゃっていました。


家の外壁に何を使うか?それは、将来のメンテナンス費用の大小に影響しますので、とても重要です。


外壁材の種類は沢山あります。

 

ざっと列記してみますと、

 


建築コストを下げやすいので、世の工務店・住宅会社で最も採用されている「窯業系サイディングボード」。


「タイル」


「ガルバリウム鋼板」


そのガルバリウム鋼板に、陽射しの熱を伝えにくくするために断熱材や特殊シートが張り付けてある「金属サイディング」


リシンなどの「吹き付け外壁」


「モルタル塗り外壁」

 

 

これらが代表的なものです。


先にも書きましたが、将来かかるメンテナンスコストが重要です。

 

建築費が安いに越したことは無いかもしれませんが、将来の塗り替えなどで高額なお金がかかったら意味がありません。


当社のリベルテでは、将来的なメンテナンスコストの低減のために、「金属サイディング」または、「モルタル塗り外壁」の上に天然石と無機質系顔料をコーティングしたものを標準仕様としています。

 

 

家の外壁材に何を使うかは、十分検討され慎重に選んでください。

 


今度の実例見学会で来場予約して頂ければ、もっと詳しくお話させて頂きます。

 

 

まだまだ書きたいことが色々あります。今後もこのブログで書いていきたいと思います。

 

 

 

 


耐久性の高い外壁材で家づくりをする工務店

ワダハウジング 和田製材株式会社

和田浩志