ただいま建設中

土岐市で木の家づくりを支える金物たち

  • 2018年2月10日
  • 只今建築中

土岐市で木の家づくりを考えてみえる方におくる工務店講座

 

建物を作る時に使う木材や金物の紹介を行います。

 

木の家はたくさんの木材、柱や梁・土台(縦や横など使う向きや

場所によって名前がたくさん変わります)を組立てて作り上げていきます。

 

 

その時につないだ所を補強する為にたくさんの金物を使い分け

地震などに強い家づくりを行っていきます。

 

初めに基礎(建物の一番下にあるコンクリート)からアンカーボルトや

ホールダウン(建物と基礎を繋ぐ金物)と呼ばれる金物で木の家を繋いでいきます。

 

 

これには基礎の上に乗った木の家が飛んで行かない様に支える役目があります。

 

 

柱などは止めた時に支える強さによって使う物がが変わってきます。

 

 

シナーコーナーやコンパクトコーナー(柱と土台や梁を繋ぐ材料)などを

専用のネジを使って木材に止めていきます。

 

 

これによって木の家が揺れた時などに柱などが外れていかない様に引っ張って止めてくれます。

 

今回はここまで、次回は別の材料の説明していきます。

 

 

 

土岐市で木の家づくりを行う工務店

ワダハウジング和田製材株式会社

工務課 植松達矢