ただいま建設中

土岐市K様邸新築工事

  • 2018年1月25日
  • 只今建築中

今日は土岐市K様邸の家づくり、新築屋根工事の風景をアップしていきます。

 

今回はガルバリウム鋼板タテハゼ葺(繋ぎ目が上から下に真っ直ぐに見える納め)の屋根工事風景です。

 

まず屋根の下地材(べニア板)の上に、プラスターボード(石膏を固めた板で熱に強い材料)を敷いていき

 

 

次に水に強い改質ゴムアスファルトルーフィング(石油系の黒いベタベタするものを布に塗り固め、水を通さない様にした材料)を敷いていき屋根の下地工事を行います。

 

 

仕上げの工事はガルバリウム鋼板材を敷いていくのですが…

この時、継ぎ目が少なくなるように、なんと

現場まで一枚の長い材料を大きなトラックで運んできて、何人かで屋根へと上げていきます。

 

 

上から下まで継ぎ目が無いので水が入らない様になっていて

木の家を雨から守ってくれるようになります。

 

 

あらかじめ機械で加工してきた横のつなぎ目をカシャカシャとはめ込んで

 

 

外に出ない位置をネジで止めていき、最後に風が吹いて飛んでいかない様に、先に付けておいた端の材料に

 

 

ピタリと外に出た位置を折り曲げて、止めていき新築屋根工事完了となります。

 

 

 

 

土岐市で木の家づくりを行う工務店

ワダハウジング和田製材株式会社 

工務課 植松達矢