ただいま建設中

瑞浪の現場からリアルタイム配信。

  • 2018年2月22日
  • 只今建築中

冬の寒さもあと少し皆さん頑張っていきましょう。

 

古い家は断熱性が悪かったり隙間風が入り込んで家の中にいても寒いと感じてしまします。

でも、最近の家に使用される断熱材は性能がよく住んでいても寒さを感じないぐらいにまでなってきています。

 

ワダハウジングでは吹付断熱を採用しています。15年ぐらい前までは石綿やガラス繊維などの断熱材を手で壁に貼り付けていましたが、今では機械を使って壁に断熱材を吹き付けています。

 

吹き付ける断熱材にもいろいろな種類があり、吹付する厚みによって断熱性能が違ってきます。もちろん値段にも幅があります。

 

私たちの家づくりで使用している断熱材は「硬質ウレタンフォーム」という素材になります。

 

この硬質ウレタンフォームの吹付の方法がとても凄く最初に見た時は驚きました。

 

簡単に言うと液状の材料に水を混ぜ、化学反応を起こし膨張させた物が断熱材の役目をするというものです。

 

現場で職人さんが施工している場面を見ますが手馴れたもので何かアートをしているようにも感じます。

 

定量を壁に吹き付けその後、10秒ぐらいで既定の厚みまで膨らんできます。

 

気密性もよくこれなら寒い冬も暖かく過ごせるんだろうな~といつも感心して見ています。

 

皆さんにも実際どのように施工しているか是非みてほしいのでアクアフォームさんが実演をしている動画がありましたので見て下さい。

 

瑞浪市で暖かい家づくりを只今建築中

ワダハウジング和田製材株式会社

西尾拓己