ただいま建設中

土岐市S様邸基礎配管工事

  • 2018年6月25日
  • 只今建築中

   土岐市の基礎、配管工事風景を紹介をします。

 

建物の基礎工事が完了して型枠を外した後で、基礎の内部(床下になる所)に

水などを流す配管を設置していきます。

 

この時、配置図と器具などの図面を元に配管を通す場所を

計画しておき、器具まで一番近い距離で上下水などの管を設置していきます。

 

 

排水配管の設置工事は、基礎内と外を繋ぐ配管は後で取り換えられるよう

可とう管(曲がる配管)を使いあらかじめ基礎中に入れて置いた

スリーブ(配管を通すための穴)を通し外部の配管と繋いでいきます。

 

 

中の配管は曲がるジョイントなどを使い、キッチンやお風呂、洗面、トイレなど

後で器具に繋ぐ為に必要な位置まで伸ばして、専用部材を使い

接続する管のサイズに変えて設置をしておきます。

この時、後で外れない様に専用の接着剤をしっかり塗り止めていきます。

 

 

飲み水などを送る配管は屋外から取りこむ位置で繋ぎ、建物内は

青色のカバーで包まれた一本の管で洗面所やキッチンの点検口下まで

送り分配する役物を使い、配管を給湯器や器具の位置まで分けて配管をします。

同じように赤いお湯の配管も、給湯器から繋いで配管をしていきます。

 

 

後で外れてしまわない様に、水道配管は必要な温度に耐えれる部材を

使っていますが、急激な温度変化が起こると少しずつ弱ってしまう事が

ありますので、大事なお住まいの配管は水などを流しながら

お湯などを捨てて頂ければ、建物を長持ちさせて使うことが出来ます。

 

 

 

土岐市で基礎配管工事まで公開する工務店

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢