ただいま建設中

瑞浪市S様邸クロス工事

  • 2018年7月10日
  • 只今建築中

今日は、瑞浪市のクロス(壁紙)工事の風景を紹介します。

 

クロス工事が始まると、まずボードのつなぎ目や留め付けたネジの穴をパテ処理

(固まる材料を塗りつけて段差を目立たせなくする処理)をしていきます。

 

 

少し時間をおいて、パテが固まったら出ている所を

ヤスリ掛けして平らに近くなるように削っていきます。

 

 

パテが完了したら専用の機械でクロスに糊を付けていきます。

この時、入力した長さに糊を付けて出すので

それを張りやすい様に束ねて準備をしていきます。

 

 

準備が完了たら、まず天井から仕上ていきます

少し天井に張り付けて押えながら、一気に反対まで

張ってゆく早業は見るたび驚きます。

 

 

一通り押さえて空気を抜いてから、はみ出した所や

重なる所を定規などを当てて切り取っていきます。

 

天井が終わると壁の工事が始まります。

 

 

クロスを少し重ねて張っていき、重なった所を柄が合うように

定規で真っ直ぐ切り、余分な所を取り除ぞいて

つなぎ目にローラを当ててピタリと突き合わせて

つなぎ目を目立たなくしていきます。

 

 

この時、カッターの切れ味が悪いとうまく仕上がらないので

切れ味も意外と大事なのです。

 

クロス工事が終わると壁などの色が変わり部屋の印象が変わります。

梁見せなどがあると木材がより綺麗に目立ち、木の家の印象が強くなります。

 

 

 

瑞浪市で木の家を建てるなら 

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢