ただいま建設中

土岐市 S様邸 新築工事

  • 2018年7月18日
  • 只今建築中

こんにちは ワダハウジングです。

 

さて 基礎工事の鉄筋配筋工事です。

基礎配筋工事は基礎伏図、基礎断面詳細図より鉄筋加工し、

現場で鉄筋組していきます。

 

特に注意すべき事は、鉄筋の かぶり厚で6センチ以上必要です。

これは鉄筋が将来酸化して錆びるのを防ぐ為の決まりです。

 

そして鉄筋径9,12ミリ各々の定着長さです。

鉄筋同志を継ぐ時に鉄筋径の40倍以上を定着としています。

つまり鉄筋径9ミリならば360ミリ以上の定着。

鉄筋径12ミリならば520ミリ以上の定着となります。

この決まりは鉄筋が100パーセントの引っ張り強度を出すための決まりです。

 

 

その他にはスターラップ止まり部の補強筋、

人通口両サイドのハンチ補強筋等があります。

 

現場管理者はそればかり見ていてはいけません。

平面図の寸法とプレカット図の寸法が基礎伏図と合致しているかを

前もって確認しておいて現場対応できる様にしておく事が

現場管理者の仕事です。

 

全ての確認 及び立会後、住宅保証機構の配筋検査に立ち会います。

 

 

さて 検査結果はどうでしょうか。

 

 

土岐市で安心して新築工事を任せられる会社

ワダハウジング和田製材株式会社

工務課 加藤喜勝