ただいま建設中

土岐市N様邸上棟工事

  • 2018年8月10日
  • 只今建築中

今日は土岐市で行う上棟(棟上げ・建前)工事の風景を

紹介していきます。

 

工事当日は、棟梁や大工がたくさん集まり

協力して建物を作り上げていきます。

 

工事が始まると、まず横向きに使う梁や桁と呼ばれる

長い木材を、使う場所の近くまで配り準備をしていきます。

 

 

配り終えたら1本ずつ柱を建てて、配っておいた

梁などをクレーンで釣り上げて組んでいきます。

 

この時、あらかじめ木を加工して付けておいた、接手や仕口

(木材を繋ぐ為の加工)が、はまる順番通りに組立てして行きます。

 

 

1階が組み終わったら床下地を上げて

2階を組んでいく準備を行い、1階と同じように組んでいきます。

 

 

2階が組み終わったら

その上に屋根の材料を上げて、組立てていきます。

 

 

屋根は棟木(建物の一番上の横材)や、母屋(棟木以外の横材)などと

隅木(建物角の斜めに入る横材)、束(母屋などを支える短い柱)を組み立て

 

その上にタルキ(屋根を受け止める木材)を、一定間隔で止めて組んでいきます。

 

 

組み終わったら、屋根に合板を敷き、釘で止めつけて下地を作り

ルーフィング(防水用のゴム布)を

タッカー(建築用の大きいホチキス)で止めて、上棟作業完了になります。

 

 

工事後は掃除を行い全員で集まって、棟梁たちと無事に終わってありがとう

お疲れさまでしたと一言話して、無事に家に帰って上棟完了となります。

 

建物が一気に立ち上がる様子や木のにおいを楽しんでいただいて

こんな風になるのかとお施主様もビックリされます。

事故なく無事に行える事が一番なので、今日も安全作業で行っていきます。

 

 

 

 

土岐市で地震に強く安心出来る家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢