ただいま建設中

土岐市S様邸内部塗り壁工事

  • 2018年9月10日
  • 只今建築中

今日はリベルテの内部塗り壁工事の風景を紹介していきます。

天然マテリアル(珪藻土に天然素材を混ぜたワダハウジングオリジナル調合の材料)塗り壁です。

 

まずは塗る前に下処理をします。

壁材のつなぎ目に網目状のテープを貼り、

その上と壁の凹み(壁を止める為にネジなどを打ったあと)のある所に、

カーボンパテ(炭素繊維の混ざった下処理剤)を塗りこみ、

壁を塗る準備をしていきます。

 

 

数日養生期間(塗った材料が硬化する期間)を置いて、

天井と壁の仕上塗り工事が始まります。

 

 

粉状の壁の材料を大きな桶に入れて水を適量入れ、

大きなプロペラの付いたミキサーで混ぜていきます。

練って良く混ざり、粘りが出てくれば準備完了です。

 

 

お玉のような道具ですくい手持ちの板に乗せて、

壁や天井にコテという道具を使い、塗っていきます。

 

 

この時に右へ左へ流れる様に、

コテで押さえたあとが、波打つ様な模様に見えるので、

コテ波という仕上の方法になります。

 

 

左官工事は乾いてしまうと滑らかに塗る事が出来ないので、

時間との勝負!

仕上がった壁はリベルテの見学会で見る事が出来ます。

ぜひその目でご確認ください。

 

 

 

 

 

土岐市で天然素材塗りの家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢