ただいま建設中

瑞浪市Y様邸基礎完成

  • 2018年11月24日
  • 只今建築中

今日は瑞浪市Y様邸の基礎の紹介をしていきます。

 

コンクリートは型枠に流してから数日である程度固まります。

 

 

固まってきたら、枠を外して更に乾燥期間(硬くなっていく時間)を過ごします。

その間に建物を建てる下準備を行っていきます。

 

 

乾燥期間中は新たに枠を組み、玄関土間の下打ちを行います。

この時にスタイロ(断熱材)を敷き、玄関が寒くなりにくいようにして、

コンクリートを流し込み固めていきます。

 

次に基礎内(建物の床下)の配管を行っていきます。

 

 

この工事は、あらかじめ図面を元に、

建物に取り付ける器具(キッチンやトイレなど)の元まで、

給水と排水の配管を設置しておき、

上棟後すぐにつなぐ事が出来る様にする為の工事です。

 

 

全ての準備が完了したら、土台(建物の1階床部分)の材料(木材など)を、

現場に運び上棟の前に組んでおきます。

 

 

組み終わったら残りの材料を入れて、

足場を組み上棟を行う準備が完了になります。

 

この工事は雨が続いてしまうとなかなか行えないので、

天気がつづく事が大事になります。

 

 

 

瑞浪市で欠陥住宅の心配がない住宅を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

工務課 植松達矢