kv入れる

纐纈和正 kouketsu kazumasa

  • 役職:設計管理課課長
  • 出身地:岐阜県土岐市土岐津町

大切にしている事

設計とは、デザインや構造、性能に設備、機能性、耐久性、ご予算とご要望、そして設計者の想いをバランスよくまとめあげる事だと思います。 デザインだけ、あるいは、性能だけでは良い家とは言えないと思い、光や風、動線、空気に熱、手触りに香りまで設計出来る様に、常に学ぶ事を大切にしています。

土岐市の良いところ

織部焼発祥の地で美濃焼の産地。土岐市は山で隔てられているので、それぞれの町に文化があり、陶磁器産業も町によって得意分野も文化があります。駄知町は、どんぶり、土岐津町と泉町は前茶碗、湯呑、肥田町は皿、下石町は徳利、妻木町はコーヒー碗皿等、陶磁器生産日本一です。

お客様へ

時代に流されない。設計者のエゴを表に出さない。斬新ではなく、実用的なデザイン。居心地の良い空間になるように試行錯誤を繰り返しています。 尊敬する知り合いの社長が家を建てた時に言っていたのですが、「一番いろいろ検討を重ねてきたキッチンセットやバスセットなどの住宅設備は、住まいづくりの良し悪しにあまり影響はなかった。」と言っていました。モチロン夢の膨らむ部分ですし、納得のいくものを選ぶ必要がありますが、実際に生活しながら「家を建てて良かった。」と思うのは、気持ちの良い風を感じながら寛いだり、家族がのびのびと生活している様子を見た時ではないかと思います。 少しだけ目線を変えて家づくりを考えてみるのもいいかもしれませんね。 気持ちの良い住まいとは何なのか、私たちワダハウジングと一緒に考えていきましょう。