スタッフBLOG

体力維持の為に

  • 2018年4月28日
  • スタッフブログ

最近私、超高齢化社会というものが気になります。

 

夫の給料明細に介護保険料という欄が追加されたというのもありますが、

やはり両親のこと、義姉の病気。自身の体力の衰え。

ネットニュースなどでもよく取上げられていたり。

 

たくさんの要素がありますが、一番の理由は、

年を重ねても元気でいることを考えた住宅。

そんなニュアンスのコラムを読んだことがきっかけでした。

 

子育て真っ只中で少しでも家事を楽したい。

負担を減らしたい。

 

自身もそうですし、そんな声がたくさん届いてくる中

「毎日の家事動線の中で体力をつける仕組みを作りましょう!

それが元気な高齢者になるために住宅が出来ること。」

 

日々の生活で健康寿命を延ばす為に

わざと動線を長くして歩かせたり、

動くきっかけをとにかく生活に入れてしまいましょう的な。

 

 

私の上司、建築士の纐纈もそんな事を言っていたな。

と思いながらも文章でじっくり読むとかなりセンセーショナル!

 

体力の低下は、生活習慣病や要介護状態に直結する。

やだやだ怖い!体力維持の為にと

思い立って歩き出しても3日坊主になったら意味ないし

 

「途中で挫折しない」「毎日こつこつと」

この継続というのが何より難しく、大変だと思っているので

家が体力維持を助けるという考え方も納得できるのです。

 

天然素材と無垢の家のように住環境が整っていれば

寒いから暑いから動くのがおっくうというところがクリアできますので

それもマッチする考え方のような気がするのです。

 

そんな考え方も共感できるわ。

という方はぜひぜひワダハウジングにご相談に来てくださいね。

 

 

 

土岐市で視野が広い建築士のいる住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

塚本 由賀