スタッフBLOG

食品庫の収納について

  • 2018年9月27日
  • スタッフブログ

こんにちは、管理課の篭橋です。

 

我家は築約40年の家です。

両親が苦労して建てた家ですので、悪口は言いたくないのですが、

使い勝手の大変悪い家なのです。

 

特にキッチンの使い勝手の悪さは10畳と広さは充分にあるのですが、

広いだけで動線が考えて無く・・・

すみません愚痴を言い過ぎました。

 

その経験から間取、特に食いしん坊の私は食品庫などの、

収納について考えさせられることが多いのです。

 

 

日本は地震大国です。

パントリー(食品庫)は天災の時、重要な役割を果たすと思うのです。

天災があって1週間ぐらいの食料が自宅にあるといいのではと言われています。

 

ただ入れ込んであるだけだと消費期限切れで、

いざという時役に立たないこともあるかもと思うのです。

こんな時、一目で何があるかわかるパントリーは便利だと思うのです。

 

 

食品を入れ込むだけではなく、

目に見えるカタチで消費期限を意識しながら使い、

補充できるスペースになるようなパントリーがあると・・・

 

瑞浪市で新築を考えていらっしゃる皆さま、

ぜひ、ワダハウジングへご相談ください。

皆さまの楽しい家づくりのお役にたつ提案をさせて頂きます。

 

 

 

瑞浪市で食品庫のある注文住宅を建てたいなら

ワダハウジング和田製材株式会社

篭橋和子