スタッフBLOG

住宅ローンはどうなっていくのでしょう⑧

  • 2018年9月5日
  • スタッフブログ

7月末に日本銀行の政策修正がありました。

 

 

長期金利の幅が0.1%程度幅を見るとの事です。

日銀の長期金利は住宅ローンなどの参考になっていますので、

少しではありますが、上昇する可能性が出て来ました。

 

 

今年も残り5ヶ月となりましたので、

今年初めの2018年金利予測を見直してみましたが、

ズバリ当たった予測はありません。

 

 

この先どうなっていくのか、誰にもわからない以上、

住宅ローンを選択する場合、

現時点でのシュミレーションの中から最適な住宅ローンを選びきらなければなりません。

 

 

バブルの絶頂期、住宅ローンの金利は8%位!

3,000万円の借り入れに対して、利息が5,000万円位!

退職金を利用して、完済される方も多かったと聞いた事があります。

現在の感覚だと、家が2件建てる事が出来る位の金額です。

 

しかし、現在の状況は、年金が貰えないかもしれないご時世です。

定年後を生き抜く為には、退職金は残しておく必要があります。

 

新たな生活の夢を描いて建てる新築ですが、

老後の人生も同時に、考えていかなければならない現実も存在します。

適切な住宅ローンを選択することが重要です。

是非、ワダハウジングにご相談下さい。

 

 

瑞浪市で適切な住宅ローンのご説明ができる注文住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

営業課 吉田顕士