スタッフBLOG

家の性能で重要な「断熱」

  • 2018年10月2日
  • スタッフブログ

家の断熱性能は重要です!

 

家づくりは間取り、デザインも重要ですが、

断熱性能も重要です。

家の断熱性能が悪いと、夏に暑くて冬に寒い家になってしまいます。

 

そこで、今回家の性能で重要な「断熱」についてです。

 

 

家の断熱とは?

 

瑞浪市 家の断熱

Photo:http://www.murayama-co.jp/kodate/technique/tech001/

 

家の壁や天井又は、屋根裏等には「断熱材」というものを取り付けします。

この断熱材が、夏の暑さや冬の寒さを和らげてくれます。

 

そして、断熱材は人で例えると服のようなものです。

寒い時は上着を着て、寒さから守る。

まさに断熱材と同じ役割です。

 

瑞浪市 家の断熱

 

 

もう少し詳しく書くと、上着にも種類がありますよね。

コート、ブルゾン、ダウンジャケットなどなど・・・

それと同じで、断熱材にも種類が沢山あります。

 

コートを例に説明します。

厚くて重いコートと薄くて軽いコートが同じ暖かさだとしたら、

軽くて薄いコートの方が断熱性能が良い生地を使っている事になります。

 

家の断熱材も同じで断熱性能の高い材料ならば、薄くても性能を確保する事が出来ます。

逆に言えば、断熱性能が低い材料ならば、厚くしないと性能が劣ってしまう事になります。

 

「断熱材を〇〇㎜も入れているんで冬暖かく、夏涼しい」

と言われてもあまり意味のない事なのです。

性能が分かってこそ初めて厚みが重要になります。

 

性能が良い材料なら価値があり、性能が劣っている材料なら厚みが重要になります。

 

どの断熱材を選ぶかは、服を選ぶのと同じで自由ですが、

その会社が得意としている断熱材の方が、施工ミスがなく断熱性能が発揮できると思います。

コートが得意な服屋さんで、ブルゾンを買わないのと同じですね。

 

ちなみに、断熱材の性能は、熱伝導率(λ値)で表しています。

0.036W/(m・k)というような数字で表記され、数字が小さいほうが性能が良いです。

 

 

瑞浪市で家の断熱について詳しく説明出来る会社

ワダハウジング和田製材株式会社

纐纈和正