スタッフBLOG

住宅ローンはどうなっていくのでしょう⑩

  • 2018年11月5日
  • スタッフブログ

住宅ローン金利に動きが見られます。

 

長期固定金利の上昇が見られます。

金利の種類の中で期間の短い金利に、

変動金利や3年固定・5年固定金利などの商品がありますが、

こちらは低い水準を保ったままです。

 

 

 

 

金利の動きがあった商品は、10年固定金利です。

動きがあったといっても、2年位前の金利に近くなっている!

と理解して頂いた方が良いかもしれません。

 

もう一つ、フラット35も上昇傾向です。

返済額の見直し等、金利の動向をチェックして、

「借り換えの手続きをするのが面倒だな~」

と思われる方にとっては、長期金利の上昇は影響があると思います。

 

来年は消費税の増税が現実味を帯びてきました。

 

それに伴い、急激に景気が悪化しないように、

ある程度の金利操作はあるかと思いますが、金利は常に動いています。

新たな借り入れを検討される方、借り換えなどの見直しを考えられる方は、

金利の違いでどれ位変わっていくのかを理解して頂いた上で、

検討するのも良い機会ではないかと思います。

 

 

土岐市で適切な住宅ローンのご説明が出来る注文住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

営業課 吉田顕士