スタッフBLOG

瑞浪市在住吉田の苦手な税金⑨

  • 2018年11月25日
  • スタッフブログ

みなさんこんにちは。家づくりサポーターの吉田洋子です。

 

個人的な事ですが、調寒がりな私にとって、冬は嫌いな季節です。

でも、大好きな部分もあるのです。

 

それは・・・

晩ご飯が毎日鍋でも怒られないんです。

これは、主婦にとっては大助かりなメニューです。

 

なんて、家庭事情を話始めると、止まらなくなってしまいますので、

ここらで本題に移ります。

 

 

家を新築すると、初年度は不動産取得税、その後年に1回固定資産税を払い続けます。

 

固定資産税の税額=償却資産の課税標準額×1.4%

都市計画税=課税標準額の合計×0.3%

 

課税標準額は1月1日現在に固定資産課税台帳に登録された価格です。

土地は、路線価を基に算出した評価額になります。

評価額は、3年に一度評価替えが行われます。

 

新築住宅の特例措置も、平成30年3月31日までに新築された住宅が、

床面積の要件を満たしていれば、3年度分につき固定資産税が2分の1に減額されます。

 

 

 

 

 

 

なんて書くと、新築する家の固定資産税額はいくらなのか・・・?

と、過去言われたことがあります。

 

私も興味があり調べようと思い役所に伺い、算定基準となる物を頂きましたが、

細か過ぎて、何が何だかわかりませんでした。

 

興味が有る方は一度チャレンジされてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

瑞浪市で固定資産税の相談が出来る注文住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

吉田洋子