スタッフBLOG

住宅ローンはどうなっていくのでしょう⑩

  • 2018年12月5日
  • スタッフブログ

大変です!小刻みな上昇が見られます。

 

金利が0.01%~0.03%位の動きがある様に思います。

 

 

日本銀行が0.2%までは国債金利の変動幅を容認する方針を出したので、

緩やかながら、上昇していくかも知れません。

 

ただし、急激な上昇では混乱してしまうので、

じわりじわりと上がっていき、いつの間にか上がっていた。

と、なり兼ねません。

 

とはいっても、上昇したとして、数年前の金利に戻る位の数字なので、

現状の金利がいかに低金利!という事です。

 

 

ちなみに、0.01%と0.03%の違いを金額で出してみます。

 

(例)借入 3,000万円 返済期間 35年

 

金利が0.61%と0.63%で比較してみます。

 

0.61% 月々 79,342円 利息 3,323,964円

0.63% 月々 79,611円 利息 3,436,794円

 

 

0.03%の違いで・・・

差額が月々 269円 利息総額が 112,830円

 

月々の差額としては、少額に思えますが、

総額になると大きな金額になっていきます。

 

 

住宅ローンの返済は、長期間になります。

ぜひ長い目で見て、借入を検討していかなければなりません。

 

 

 

土岐市で住宅ローンアドバイザー常駐の注文住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

営業課 吉田顕士