スタッフBLOG

洗濯できますが・・・

  • 2015年6月27日
  • スタッフブログ

窓周り商品で多くいただくご質問は

『洗濯について』なんです。

 

カーテンはウォッシャブルの生地が多く

洗濯機OKな物も多いです。

ポイントはフック(カーテンレールに引っ掛ける金具です)を外す!

(折れる点と生地に引っ掛かり生地が傷む点から)

干す場所がない場合は濡れたまま(しずくが垂れない程度)

カーテンレールに引っ掛けてもいいですよ。

 

問題は、ロールスクリーンなど・・・

ロールスクリーンは標準とウォッシャブルに分かれています。

単純に洗えるかそうでないかの違いです。

 

でも実は、生地自体は全く同じ物なのです。

(意外とカーテン屋さんでも勘違いをしている方がみえるのですが・・・)

 

じゃあ何が違うかというと

ロール芯1

生地を全部出し切るとこうなってます。

パイプに切れ込みが入っていて、そこに生地を挟み込んでいます。

洗濯などで機械部分と生地を分ける際は白いタグの部分を

ゆっくりひっぱり出します。

すると

 ロール芯2

こんな感じです。

生地がパイプから引っ張っても外れないように、

ゴム(ペールオレンジ部分)が付いています。

そのゴム部分が縫ってあります。

これがウォッシャブルなのです。

そして標準はここがホッチキスのような物で留めてあります。

ですので標準の物を洗濯機にかけてしまうと、そこが錆てしまうのです。

 

洗濯の手順ですが

ブラケット(壁とロールスクリーン本体を繋げる金具)から外す

1枚目の写真のように生地を引きだし

2枚目の写真のように本体から生地を外す

(同じように戻さないといけないので、観察しながら外してください)

洗濯ネットに入れ洗濯機へ

干す(本体にはまだ付けないで下さい)

説明書等にはシワがきになるようでしたらアイロンをと書いてありますが、

洗濯してみた方からお伺いしたのは、相当シワが入るようです。

本体に付ける

(きっちり付けないと上げ下げをする際に生地が外れるおそれがあります)

生地を巻き上げる

ブラケットに付ける

以上です。

 

本体自体が標準の方が若干お値打ちですので、

私は迷わず標準をオススメしております。

 

注意)メーカーや仕様により違う点もございます。

取扱書でご確認の上、外してください。

 

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

西山志津江