スタッフBLOG

法令等の種類

  • 2015年11月2日
  • スタッフブログ

家を建てるためには、いろいろな法令があります。

今週は簡単に法令の種類をご説明致します。

 

 

まず、全国どこでも適用されるのが

 

憲法・・・国の最高法規(国の組織と活動の根本を定めたもの)

法律・・・国会の議決を経て制定するもの(国民の権利・義務につき、制限の基本的事項を定める)

     (例)建築基準法

政令・・・内閣の発する命令(上記制限の具体的事項を定める)

     (例)建築基準法施行令

省令・・・各省大臣の発する命令(主として手続き関係を定める)

     (例)建築基準法施行規則

告示・・・公の機関が一般に知らせるもの(法令規定の補則)

     (例)国土交通省、建設省告示

 

上記にあげたものは、日本全国どこで建てても適用されます。

 

 

次に地方公共団体の区域内のみに適用するもの(地方公共団体とは県や市町村のことをいいます。)

 

条例・・・地方公共団体が議会の議決を経て制定するもの(一般に法律により委任された事項に限定)

     (例)都道府県市建築基準条例、地方自治法

規則・・・地方公共団体の長の発する命令(主として手続き関係を定める)

     (例)都道府県市建築基準法施行細則、地方自治法

要綱・・・議会の議決なく役所の立場で決めたもの(強制力なし)

     (例)一般的には行政指導といわれ、役所などから指摘されること

例規・・・議会の議決なく役所の立場で決めたもの(法の解釈や運用を決めている)

     (例)法の運用基準

 

上記は県や市町村によって変わります。愛知県では駄目でも岐阜県ならOKだったり、岐阜県で駄目でも三重県ならOKと言った具合に場所によって変わります。

市単位でも違いが出てきます。

 

家を建てる前には、上記の内容を調べておかないといざ建てようと思った時に、建てられないこともありえます。

上記の内容を調べるのはなかなか骨の折れる作業です。

もし、土地を新たに取得して家を建てようと思われたら、土地を買う前にまず建築屋さんに相談する事をオススメします。

自分で調べる事も可能ですが、難しい専門用語が沢山出てくるので、プロにお任せした方がいいと思います。

 

ワダハウジングでも無料相談受付しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正