スタッフBLOG

窓のカタチ

  • 2015年12月14日
  • スタッフブログ

前回窓の配置について書きましたが、今回はカタチについて。

 

日本で窓といえば、引き違い窓を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、窓にはイロイロな開閉方式があり、カタチやデザインが多種多様にあります。

 

全部紹介すると、ものすごい数になってしまうので、ワダハウジングで多様している窓を紹介します。

 20151218-10

 

縦すべり出し窓。

外側に押し出すように開けます。

比較的小さなサイズのため、換気や明かり採りの目的で使用します。

外観の見た目がよいのも特徴です。

 

 20151218-11

 

浴室や廊下、トイレ、階段など限られた場所の窓に最適です。

2つ並べたり、連続して配置したりする事で、お洒落な仕上がりになります。

 

 20151218-12

 

横すべり出し窓。

こちらも、外側に押し出すように開けます。

こちらも比較的小さなサイズが多いです。

正方形に近いカタチなのも特徴です。

 

 20151218-13

 

前回、窓の縦横ラインを揃える事が、外観を整えるうえで重要だと書きました。

正方形の窓だと、秩序を乱しても整ってみえます。

正方形は方向性がなく、縦と横どちらも強調していないからです。

イロイロ工夫しても窓の配置が揃いにくい時には、最適です。

正方形の窓だけであれば、配列が多少チグハグでも秩序があり、整ってみえます。

 

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正