スタッフBLOG

3世代同居住宅とは?

  • 2016年2月22日
  • スタッフブログ

最近、ちょっとだけ話題になっている「三世代同居住宅」の補助金についてお伝えしたいと思います。

 

補助金を有効的に活用するために知っておかなければいけないのは、「三世代同居住宅」の三世代についてです。

 

三世代とは、住宅を取得・建築しようとしている子供(1世代)がいる夫婦(2世代)とその夫婦どちらかの親(3世代)が暮らす住宅のことを言います。今まで良く使われていた「二世帯住宅」に住まう方達の家族構成となんら変わりません!

※以後、子供達は1世代・夫婦は2世代・その親達を3世代と表します。

 

これから国が行おうとしている「三世代同居住宅に関する補助金」はこれから詳細が確定しますが、結構な金額を補助で受けられる可能性があります。ちまたでは満額100万円だとか200万円などと言われています。 

 

分かっている情報では「キッチン・玄関・浴室またはトイレのいずれか2つ以上を複数個所設置する」ことが条件のようです。

二世帯住宅を検討中!という方でトイレを2ヶ所設置しない!という方はいないと思いますので、後は浴室・玄関・キッチンのどれかを2ヶ所にすれば対象になるようです。

暮らす人数が多くなればなるほど、トイレは複数必要となってきますし、2世帯住宅であれば玄関は2ヶ所、それぞれにあったほうがストレス無く暮らせるのではないでしょうか?そうなると、キッチンや浴室も2つ欲しくなってしまいますね。

それでも新築で2棟建築するよりは、値段を抑える事ができると思います。

現状で2世帯住宅を検討中の方々は、「3世代同居住宅」に関する補助金を受け取れる可能性が高いと思います!(絶対とはいいませんが・・・)

 

今後も分かり次第報告させて頂きます。

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正