スタッフBLOG

好きな照明

  • 2016年12月27日
  • スタッフブログ

私の好きな照明にルイスポールセンのPHランプというのがあります。

 

北欧・デンマークの照明ブランド。創業一族のポールセン一家は180年代末頃から工具、電気用品の販売を手掛けていました。

1924年にパリの博覧会のためにポール・ヘニングセンと共同で開発した照明器具が高い評価を得て、照明器具の発売を開始。

これが100種類以上のラインナップを誇るPHシリーズの始まりとなりました。

 

現在では、ルイスポールセンは近代照明のルーツといわれ、世界の照明デザインに大きな影響を与えている”北欧のあかり”と言われています。

 

その中で私の一番好きな照明がコレ↓

lph5_img01

PH5という照明です。

 

巻き貝のカーブを応用したシェードの照明です。

 

ヘニングセンは、光を自然なグラデーションを持って反射させるために、巻き貝のカーブが持つ対数螺旋をシェードに応用するという画期的な発見をしました。それを4枚重ねることによって、この穏やかな光が実現されました。

 

と言葉で説明した所で、難しいので実物を見て頂きたいのですが・・・

こんなえらそうな事を書いていますが、私の家にあるわけではありません。

有名な住宅建築を見に行った時に、一目ぼれをしたわけです。

いつか実物を紹介できたらと思っています。

 

材木屋ならではの家づくり

ワダハウジング和田製材株式会社

纐纈和正