社長ブログ

住宅ローンってどう借りたらいいの?

  • 2018年11月15日
  • 社長ブログ

 

 

こんにちは!和田浩志です。


家づくりは高額な買い物です。預貯金で支払いができればいいのですが、そうもいきません。


だから、家づくりには住宅ローンが不可欠なのです。


今日は、「住宅ローンって面倒くさい手続きをしないといけないかなぁ?」と思っていらっしゃる方のために、住宅ローンの手続きの流れをわかりやすく解説したいと思います。

 

大きな流れとしては次の通りです。

 

①事前審査
 仮審査という場合もあります。

 

②正式申し込み→本審査

 

③担保設定・ローン契約
 金銭消費契約のこと。銀行員や業界の人は、略して「金消」(きんしょう)とか言います。

 

④融資実行

 

 

以上です。基本的にはこれだけということを覚えておいてください。


買うものが既にある場合、つまり建売住宅とか土地の購入の場合は、この流れになります。

 

しかし、注文住宅の場合、最後にならないとモノが無いので、間に色々な行程が入ってくるわけです。

 

注文住宅の場合の流れは次の通りです。

 

 

住宅会社に建設費の見積りを出してもらう。

 

①事前審査

 

住宅会社との家づくりの打合せ(間取り、コーディネート等)。


住宅会社と工事請負契約を締結する。

 

②正式申し込み→本審査

 

建設工事着工


建設工事完了

 

③担保設定・ローン契約(金銭消費契約)

 

④融資実行

 

④と同時に住宅の引き渡しを受ける。

 


いかがでしょうか?


つまり、買うもの(住宅)が出来ないと担保を設定できないので、ローン契約(金銭消費契約)できないからこういう流れになるのです。


以上のことを覚えておけば、銀行員や住宅会社の人が何を言っているかわかるようになります。

 

ではまた、みなさんに役立つ情報をブログに書いていきたいと思います。

 

 

 

住宅ローンの手続きもしっかりサポートする家づくり工務店

ワダハウジング 和田製材株式会社

和田浩志