社長ブログ

無垢の木の使い方。

  • 2018年12月15日
  • 社長ブログ

 

 

 

こんにちは!ワダハウジングの和田浩志です。

 


もう12月も半ばですね。年末・年始の準備は進んでいますか?

 


さてご存知の通りワダハウジングは、土岐市を中心に無垢の木の家づくりを提案しています。


特に室内では、無垢の木をふんだんに使っています。


たとえば、床、天井のはり、階段板、窓枠、ドア・引き戸など、無垢の木材でつくっています。

 


無垢の木に囲まれた生活は、とても良いものです。ぜひぜひオススメしたいのです。

 

 

では、外部にはどうでしょうか?

 

ワダハウジングのリベルテでは、バルコニーの手すりに木を施すことを提案しています。(写真)

 

 

写真の建物の外壁は、軽量モルタルの上に無機質仕上げをしたものと、ガルバリウム鋼板です。

 

どちらの外壁材も木材との相性がバッチリで、とても良い味わい・雰囲気に仕上がります。

 

 

もちろん、木には劣化しにくくするための塗装を施しています(定期的なメンテナンスは必要です)

 

 

 

やはり、無垢の木には、工業製品の建材には無い味わい、手触り、雰囲気がありますね。


見てて心が和みます。

 

 

 

ではまた、みなさんに役立つ情報をブログに書いていきたいと思います。

 

 

 

木の使い方を考える、土岐市の家づくり工務店

ワダハウジング 和田製材株式会社

和田浩志