社長ブログ

住宅会社を見極める②

  • 2019年10月1日
  • 社長ブログ

 

こんにちは!社長の和田浩志です。

 

 

今回は前回からの続きで、「住宅新築の業者・メーカーを見極めるには、具体的にどうするか?」というお話です。

 

おおざっぱに業者をリストアップしたら、まずホームページやチラシ等から、次の点をチェックします。


今回のチェックポイントは、

 

「会社の住所を調べ会社を見に行って下さい。そして、どんな店構えなのか、目で確認してみてください。」です。

 

 

「へっ?それだけ?」とお思いですか?

 

そうです。あなたの直感を信頼してください。

 

そして、雰囲気を感じてください。


だって、あなたは真剣なのです。住まいは、スーパーや百円ショップでの買い物ではないのです。

 

「まあ、あんまり満足できなかったけど、安かったからしょうがないか。」では済まないのです。

 

そんな真剣さがあれば、店の前を歩いて通ると感じるはずです。

 

清潔さや、感じのよさ、雰囲気、全てを感じてください。

 

 

実を言うと、『会社を見に行って下さい』と言ったのには、本当は別の理由もあるんです。

 

あなたが、「あぁ、遠いなぁ。ここまで行くの、あんまり気が乗らないなぁ」と思うほど遠い場所にある業者なら、間違いなく、業者もそう思っています。

 

 

私どもでは、土岐市、多治見市、瑞浪市、そして可児市をエリアとしていますが、それ以上遠いと、正直、「遠いなぁ」と感じてしまいます。

 

お客様なら、もっと近くでも「遠いなぁ」と感じるかもしれません。

 

近いと、なぜ良いのか?「近いなぁ」と感じることが、なぜ良いのか?

 

 

・業者も、近所である手前、良心的な仕事振りを期待できる。

 

・万一の時、クレームなどがあっても、すぐに対応できる。

 

・高速代やガソリン代などが安く済み、業者にとってもプラスになる。言い換えれば、安くやってもらえるはず。

 

・営業担当者の立場からは、近くて効率が良いので、頻繁に顔を出すことが出来る。つまり、こまめな対応が期待できる。

 

・近いので、工事途中の不測の事態にも会社に戻ってすぐに資材を調達できる。つまり、職人さんの出戻りが無い分、日当も安く出来る。

 

・近ければ、完成後のアフターメンテナンスもしやすい。

 

 

 

こうした、様々なメリットがあるのです。

 

 

どうですか?

 

ここまでで、3~5社ぐらいに絞り込むことが出来たと思います。

 


次は何をすればよいか?

 

次回は、その具体的なお話をしていきます。


もっと早く知りたい方は、私が書いた小冊子「マイホームを建築する前に知らないと損する6つの自己防衛策」に詳しく書いてありますので、ご請求ください。

 

プレゼントします。

 

小冊子の請求はこちら

 

 

 

 

土岐市を中心とし、エリア密着した活動をする工務店(ハウスメーカー)

ワダハウジング 和田製材株式会社

和田浩志

 

店名:ワダハウジング 和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

瑞浪市で地震に強い家を建てるならワダハウジング