社長ブログ

せっかくの家づくり、性能は出来るだけ高く【必須】

  • 2021年4月1日
  • 社長ブログ

せっかくの家づくり、性能は出来るだけ高く|土岐市のワダハウジング

 

 

こんにちは!土岐市のワダハウジング和田浩志です。


今日から新年度ですね。昨年、今年は、コロナ禍で厳しい状況ですが、気分一新がんばっていきたいですね!

 

 

この時期、「そろそろ新しい家づくりをしたいな」とお考えの方も多いと思います。

 

今回は、「せっかくの家づくり、性能は出来るだけ高く」というお話をしたいと思います。


タイトルの通り、せっかく「一生に一度」の家づくりをされるのでしたら、家の性能を出来る限り高めることを考えてください。


後悔するリスクを少なくするために、「高性能な家」を手に入れるのです。


高性能な家とは何かと言うと、大きくは二つ。「高耐震」と「高断熱」です。


このあたりを見極めないと、理想通りの家にはならないと思います。


では、「高耐震」と「高断熱」をどう見極めるのでしょうか?


順番に説明しますと・・・


まず、「高耐震」とは?


結論から言うと、耐震性能の最高ランクである「耐震等級3」をクリアしているかどうかです。


ここで大切なポイントを言いますと、「耐震等級3」とうたっているだけでは足らないということです。


どういうことかというと、根拠のある「耐震等級3」である事が大切です。


根拠とは「許容応力度計算をしているかどうか」です。難しいことは覚えなくてよいので、「御社は、許容応力度計算をして耐震等級3をうたっていますか?」と確認してみてください。

 

次は「高断熱」です。


今月から、「省エネ基準に適合しているか」の説明が業者に義務付けられます。


ですので、最低限「省エネ基準」に適合することは必要です。


しかし、これもそれだけでは足りません。


どういうことかと言いますと、「省エネ基準よりもっともっと上の水準」が必要ということです。


なぜもっともっと上の水準が必要かというと、「日本の省エネ基準の水準は、欧州と比べると低すぎる」からです。そう、日本は住宅の断熱化において、世界から大きく遅れをとっているのです。


ここでは簡潔な説明にとどめておきますが、その「もっと上の水準」として「HEAT20(ひーとにじゅう)※」というキーワードを覚えておいてください。全国の先進的な工務店はこの「HEAT20」を基準にしています。


※「HEAT20」・・・一般社団法人「20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」が提唱する、日本の断熱レベルを世界並みにする為の断熱性能基準。


見極めをする為には、「御社は、HEAT20という基準をクリアしていますか?」と確認してみてください。

 

 

さて、今度の土日(4月3日・4日)、久しぶりに「オープン・ハウス」も開催いたします。詳しくお知りになられたい方は、ぜひご参加ください。


本当に久しぶりの「完成見学会」を開催いたします。一年ぶりです。


見学会情報はこちらをクリック


みなさまのお越しをお待ちしおります。


ぜひ一度、ワダハウジングで「高性能な木の家」をご検討ください。


お待ちしております。

 

 

 

土岐市で「安全」「安心」「健康」な家づくりをする工務店
ワダハウジング 和田製材株式会社
和田浩志

 

 

 

 

自然素材の一戸建て注文住宅なら

↑こちらをクリック

平屋のモデルハウスなら

こちらをクリック

施工事例なら

↑こちらをクリック

更に素敵な施工事例なら

↑こちらをクリック

自然素材注文住宅の見学なら

↑こちらをクリック

お問合せなら

↑こちらをクリック

資料請求なら

↑こちらをクリック

 

Facebook 土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング

 

Twitter 土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング

 

Instagram 土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング 

 

Pinterest 土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング

 

 

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

 

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

土岐市で自然素材の一戸建て注文住宅を建てるならワダハウジング