ただいま建設中

瑞浪市Y様邸上棟完了

  • 2018年12月10日
  • ただいま建築中

今日は瑞浪市Y様邸の上棟の様子を紹介していきます。

 

上棟の日は朝、棟梁たちと現場に集合して、

雨養生のシートを取り、木材を必要な場所に配り、

一日の準備を行っていきます。

 

 

梁(二階を支える横材)を配り終えた所で、

1階の柱を建てる事から始めていきます。

 

ここから、クレーンが動き始めていきます。

 

 

家を組み立てる為の木材を吊り、組み立てていく所は、

見ていただいた時の迫力がすごく、

お施主様にも楽しんで頂けます。

 

 

こうして、現場にトラックで木材を運び込みながら、

クレーンで吊り、職人たちが次々と組上げていきます。

 

二階の床下地が完了すると、

次は二階の組立て作業が始まります。

 

 

二階は高い所での作業になるので、

自分が確認に行くとへっぴり腰で怖がりながら歩くので、

危ないといつも怒られます・・・

 

「高い所は任せとけ!」と言ってくれる、

大工さんたちがとても頼もしいです。

 

 

お昼ごろには2階がほぼ出来上がってきます。

 

その後は沢山の木を組み立てていき、屋根を作っていくのですが、

最後に、木を貼り合わせた構造用合板という材料を骨組み材に止めつけて、

ルーフィングという、改良したゴムの防水シートを屋根に止めて、

工事完了になります。

 

 

最後にお施主様と作業をした職人たちで集まり、

無事に終われた事と、「作業お疲れ様でした。」

と締めて、上棟終了となります。

 

しかし、終わった後は疲れているので無事に帰る事が重要です。

家に帰るまでが上棟になるのです。

 

 

 

瑞浪市で丈夫な木の家の注文住宅を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

工務課 植松達矢