ただいま建設中

土岐市K様邸無垢床貼りの工事

  • 2019年1月10日
  • 只今建築中

今日は土岐市K様邸の無垢床工事の様子を紹介していきます。

床を貼る工事は、初めに基準となる線を出します。

 

 

床の幅などは決まっているので、つなぎ目がキレイになるように確認しながら、位置を出していきます。

位置出し(準備)が完了したら、梱包を何箱か開けて無垢の床を貼っていきます。

 

 

床には「さね」と呼ばれる凸凹が横に付いていて、それをはめ込みながら貼っていきます。

ここを重ねて床用の釘で均等に止める事で、無垢の床が外れない様に止めていく事が出来ます。

さらにつなぎ目をずらす事で、かみ合ってさらに外れにくくなっていきます。

 

 

この時、無垢の床は呼吸をして伸び縮みする性質があるので、みんなで押し合わない様にスペーサー(白い板)を挟んで一定のスキマを開けて並べて貼っていきます。

スキマをあけず詰めて貼ってしまうと、木の種類によっては、押し合って割れてしまう事があります。

 

 

柱などのある部屋の角は柱に合わせて無垢の床を切り、必要な所にはボンドを付けて貼っていきます。

2階床は振動(音)が伝わりにくくするように防振材(黒いゴム)を敷いてその上に無垢の床を貼っていきます。

 

 

無垢の床を貼り終わったら、傷が付かない様に養生を敷いて作業完了となります。

 

 

 

土岐市で無垢の木を使った家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢