ただいま建設中

瑞浪市K様邸無垢材の家造作工事

  • 2019年4月24日
  • ただいま建築中

今日は瑞浪市で建築中の新築現場の様子を紹介していきます。

 

建物の工事が進むと床や壁などの工事を行っていきます。

 

床の工事は無垢床同士が押し合わないように、必要な幅のパッキンを挟みながら職人が1枚ずつ無垢材の床を貼っていきます。

こうする事で無垢の床が呼吸をした時におきる伸び縮みで、板どうしが押し合って割れてしまうのを防ぐことが出来るので、無垢の床どうし、ゆとりをもって並べながら1枚ずつ貼っていきます。

貼り終わったら無垢材の床を傷つけないように養生(保護材の取付)をして、次の工事に進んでいきます。

 

 

 

壁工事の前に、下地工事は必要な所にべニア(薄い木を重ねて出来た板)や木材を、ぬりかべで仕上げる壁の中に仕込んでいきます。

こうする事で後で重い物を取り付けても、落ちる事が無い様に準備をしていきます。

 

 

 

壁工事はプラスターボード(せっこう板(燃えにくい板))を貼っていきます。

この工事が進むと部屋の間取りが出来てきて、お部屋のイメージをしやすくなってきます。

職人が必要な長さに加工した、大きなボードを柱に取付けて、仕上げのぬりかべを塗る準備をしていきます。

 

窓がつく所はボードをくりぬいて、木材の窓枠を入れたり

 

室内の扉を付ける所には、木材の枠などを取り付けて、工事を進めていきます。

こうして建物の内装が次々と出来上がっていきます。

工事中一番長い工事が造作です。工事中はじっくりと出来ていく様子をお楽しみください。

 

 

 

 

瑞浪市で無垢材を使った家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢