ただいま建設中

瑞浪市F様邸 地震に強い金物紹介します。

  • 2019年4月10日
  • ただいま建築中

今日は瑞浪市で建築中の現場の金物工事の様子を紹介していきます

待ちに待った上棟工事が終わった後に、建物を地震に強くしていく金物工事が始まります。

たくさんの木材を組み立てて、作成した住まいは、まだつなぎ目が自由に動いてしまう為、その部分を支える金物たちを使い、建物を支えていきます。

ここで少し金物の紹介をします

柱や床、梁(横向きに使う2階の床などを支える材料)などをつなぎ合わせる柱金物

梁同士のつなぎ目を止めて強くする平金物

横向きの木材をT字型などに繋いだ時に、抜けなくする為に使う、羽子板ボルトなど

地震の揺れから建物を支える、筋交い(斜めに支える木材)を止める専用の金物など、たくさんの金物を取り付け、地震に強くして

 

さらに建物の外周に面材(建物の外側を覆うように止める、地震に強くする為の板材)を決まった釘で打ち付けて、貼っていき地震に強くしていきます。

すべて止め終わった所で仮止めの材料を外して、次は取り付けた金物の検査を行っていきます。

 

必要な個所に正しいネジや釘で止めてあるかを、専門の検査機関が確認をしてOKが出たら金物工事完了になります。

住まいを構成する、色々なサイズの木材を、沢山の種類の金物たちが見えない所から、建物を支えているのです。

この機会に、普段は見られない壁の内側を、知っていただければと思います。

 

 

 

瑞浪市で地震に強い家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢