ただいま建設中

瑞浪市で自由な間取りの家造り!工事中!

  • 2019年5月24日
  • ただいま建築中

  今日は、瑞浪市で建築中の造作工事の様子を紹介していきます。

床の工事が完了すると下地(物を取り付ける準備)や、壁をはる工事を行っていきます。

現場では壁の板などを止める下地を先に入れて置き、壁の材料を必要な長さにカットして職人が1枚ずつ止めていきます。

 

 

いつも大きな板を一人で運び、片手で押さえながら留めていく力強さはすごいと思います。

 

工事が進むと間仕切りの壁なども、出来てきて部屋の感覚がわかりやすくなってきます。

ある程度、壁が出来てくると、扉などの枠や、押入や棚などの沢山の材料を現場入れて、必要なサイズに加工をして取り付けもしていきます。

 

 

家の工事の中で階段が出来てくると、2階に上れるようになるので歩いて見られる範囲も大きく広がり、完成も待ち遠しくなってきます。

 

 

同時に進めていた壁工事が完了すると最後は天井の工事を行います。

天井の高さを出して下地を組み、そこに板を持ち上げて押さえながら貼りネジで止めていきます。

上を向いての作業が続くので大変ですが、この工事が完了すると、部屋の形が完成します。

 

新築の工事で一番時間の掛かる造作工事、職人たちが長く入る工事が、どんな風に行われているかをこの機会に知っていただけたらと思います。 

 

 

 

瑞浪市で自由な間取りの家作りなら

ワダハウジング和田製材

植松達矢