ただいま建設中

瑞浪市で建築中の台風に強い瓦工事を紹介します!

  • 2019年7月24日
  • ただいま建築中

瑞浪市で建築中リベルテI様邸の瓦工事中です。

 

瓦工事は初めに水を流す為の隙間材を付けます。

次に瓦を止める為の瓦桟と呼ばれる木材を、瓦の幅に合わせて止めていきます。

この作業が済むと瓦を止める準備が完了になります。

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家ならワダハウジング

 

大きな面以外では、屋根の凸角などは役物瓦(角用の専用瓦)を止める準備をします。

凹角には水を受け止める為の板金を敷いていきます。

 

屋根の一番高い所には、屋根板の下に溜まった熱気を、逃がす通気孔を取付て、上棟の時に敷いた板材を痛みにくくします。

屋根下の通気が意外と大事なのです。

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家ならワダハウジング

 

下準備が終わると、瓦を屋根に運び並べていきます。

これから瓦を下列から順番に組ながら並べて1枚ずつ釘で止めていきます。

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家ならワダハウジング

 

これで地震が来ても落ちない強い屋根になっていきます。

一番角の瓦は、道具を使い手作りで、職人が割り並べていきます。

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家ならワダハウジング

 

平らな面が出来た所で役物瓦を並べて、最後に棟瓦(一番上の瓦)をネジで止めて工事完了になります。

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家ならワダハウジング

 

今の瓦は一つずつ釘やネジなどで止めていくので、地震や台風が来ても落ちないようになっています。

地震や台風にも強く、しっかりと家と家族を守ってくれる丈夫な屋根になっています。

 

 

瑞浪市で台風に強い瓦屋根の家なら

ワダハウジング和田製材株式会社

植松達矢