ただいま建設中

多治見市A様邸 敷地に適した改良工事はどの工法?

  • 2020年6月18日
  • ただいま建築中

こんにちはワダハウジングです。

 

多治見市のA様邸では前回に地盤改良工事での柱状改良を報告しました。

 

今回は木造住宅において私が経験した、表層改良と柱状改良と小口径鋼管杭工法の改良工事工事について報告させてもらいます。

 

まずは、表層改良です。

表層改良はセメントを使用して地表周辺をかためる工事です。

軟弱地盤の深さが2mまでの浅い場合に適してます。

私の現場では過去に擁壁の埋め戻し後で、建物が擁壁に接近している場合でした。

部分的な改良工事に適しています。

 

多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

続いて、柱状改良です。

柱状改良は前回報告しましたが、直径60㎝の穴を掘り、水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し円柱状の固い地盤を作る地盤補強工事です。

支持地盤に届いてなくても柱と土の摩擦力だけでも支持地盤を支える事もできるメリットがあります。

地中2m~8m内での改良に適しています。

一番多くの回数を経験した工法です。

 

多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

最後に、小口系鋼管杭工法です。

鋼管で地中から建物を支える地盤改良工事です。

地中30mまでの地盤補強が可能です。

ただし摩擦力は期待できなくて、確実に支持地盤まで鋼管を届かせます。

鋼管杭は狭い土地や重機搬入しにくい条件の現場に適してます。

建物の重量のある鉄骨造に採用する場合が多いです。

 

多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

どちらにしても、どの工法を採用するかは、予算はもちろんですが、地盤調査の判定結果が最優先されます。

 

住宅の基礎となる地盤を適切な状態に改良し、住む人が一生安心して暮らす為の木造住宅の工事で一番最初の一番大切な工事なんです。

 

皆様、一番大切な最初の地盤改良をより考えているワダハウジングで木造住宅を建てませんか。

 

その時はよろしくお願いします。

 

 

そんな木造住宅なら

↑こちらをクリック

平屋のモデルハウスなら

こちらをクリック

施工事例なら

↑こちらをクリック

更に素敵な施工事例なら

↑こちらをクリック

木造住宅の見学なら

↑こちらをクリック

お問合せなら

↑こちらをクリック

資料請求なら

↑こちらをクリック

 

 

Facebook 多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

Twitter 多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

Instagram 多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング 

 

Pinterest 多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング

 

 

多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするなら

ワダハウジング和田製材株式会社

工務課 加藤喜勝

 

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

 

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

多治見市で木造住宅の地盤改良工事をするならワダハウジング