スタッフBLOG

将来の事も考えた家づくり ①

  • 2018年12月27日
  • スタッフブログ

こんにちは、管理課の篭橋です。

 

篭橋、人生50年~♫をとっくに過ぎ去りし年齢になっております。

最近、銀行とか保険会社から年金保険の加入いかがですか?とよくお話をいただきます。

 

普段は、まったく気にしないのですが、

お話をいただくたびに「あ~そんな年になったんだな~」と感慨深いものかございます。

年齢の近い知り合いなどは、終活をし始めて終の棲家を考え始めた人も・・・

 

ある高齢者アンケートによると、自宅に住み続けたいと思う人が70%以上との結果が出ています。

ただ現実問題として家づくりはローンが組める年齢で建てられる方が多いと思いますので、

自分が年をとるという事がイマイチわかっていない年齢で家づくりをされる方がほとんどです。

モチロンすべてのことが完璧な新築住宅は難しいですが、

将来の事も考えて新築住宅を提供していかなければならないと私ども思っております。

 

子育てが終わった後・・・

身体的機能が低下したときなど・・・

これからも長い時間過ごす家ですものね。

 

例えば、身体的低下の時のことも考えての家づくりで気をつけなければいけない事は、

よく言われていますが、具体的には?

 

●ころばない 

●温度差

 

どちらも、特に高齢者にとっては生命にかかわることになることもございます。

住宅を考えられる時、検討していただく要素ではないかと思います。

 

 

 

弊社、新商品リベルテは健康のことも考えた家になっております。

湿度調整など健康のことも考えての家になっております。

 

 

瑞浪市で新築住宅をお考えの皆さま!

ぜひ、弊社の見学会&泉大沼モデルハウスへ見学にいらっしゃいませんか。

スタッフ一同お待ちしております。

 

 

将来の事も考えた新築住宅を提案する

ワダハウジング和田製材株式会社

管理課 篭橋和子