スタッフBLOG

将来の事も考えた家づくり ②

  • 2019年1月13日
  • スタッフブログ

こんにちは、管理課の篭橋です。

 

12月27日のスタッフブログの“将来の事も考えた家づくり① の続きになります。

 

前回は年齢が同じ知り合いが、終の棲家を考え始めたと耳に入ると、

何となく焦りみたいなものを感じるなどと申しました。

 

先日、あるテレビ番組で俳優の坂上忍さんが

「50歳前に終活を終わるようにしていてもう完了しました。」

などと答えていました。

「気力、体力があるうちに対応しないと・・・・」などと他のタレントさんと会話していましたが、

なるほど!

確かに気力、体力のあるうちに対策をとるというのは1つの方法だなーと感心して聞いておりました。

 

皆様、歳をとる事は、わかっていても実感もありませんし、

時間・お金などなかなか、思うように動けないというのが本当だと思います。

 

新築から考えるというのがベストだとは思いますが、

今の住居をリフォームするという考え方も有効かと思います。

 

 

例えば、浴室の改修で0.75坪から1坪にし、

入口をドアから引き戸にするなど、断熱性能が高く温度差のない浴室を考えたり・・・

 

 

 

トイレの改修、和式トイレから洋式に変更するとか・・・。

 

 

できれば、住み慣れた家でいつまでも健康に暮らしたいですよね。

ワダハウジングはリフォーム工事もおこなっております。

 

瑞浪市の皆さま、住宅でお困りのことがありましたら、ぜひ、ワダハウジングへご相談ください。

 

ぜひ、弊社の見学会&泉大沼モデルハウスへ見学にいらっしゃいませんか。

実物を見て「あ、こうすればいいかな?」「こちらは私の家には合わないかな。」

とスタッフと話しながら相談して頂けたらイメージが沸くと思います。

スタッフ一同、心からお待ちしております。

 

 

瑞浪市で住み慣れた家のリフォームをするなら

ワダハウジング和田製材株式会社

管理課 篭橋和子