スタッフBLOG

消費税について

  • 2018年12月19日
  • スタッフブログ

いよいよ消費税の増額が現実的になってきました。

 

 

2019年10月1日から10%に増額される事がほぼ決定的になりました。

 

過去の事例から見てみますと、

5%から8%へ上がる時にもありましたが、

経過措置というものがあります。

 

ただ単に税金だけ上がっていくだけでは、

不都合が出る場合があります。

 

そこで出て来るのが経過措置です。

 

まずは、2019年4月1日までに請負契約を締結されていれば、

10月1日以降の完成、引渡しであっても、

消費税は8%の金額で良いという措置です。

 

建築のスケジュールは請負契約から完成まで、

半年近く掛かってしまいます。

10月を過ぎてしまう事が想定されるので、

この様な対策が取られています。

 

現在までに決定している措置として、

 

住まいの給付金

現在所得が510万円までの方であれば最大30万円の給付金の支給があります。

増税後は所得が775万円以下の方を対象に最大50万円の支給が決定しています。

 

贈与税の非課税枠

1200万円から3000万円に拡大されます。

 

他の項目も増えてくるかも知れませんが、10月の時点では以上となります。

いずれにしても、資金計画が大切になります。

 

 

土岐市で消費税増税の相談が出来る注文住宅会社

ワダハウジング和田製材株式会社

営業課 吉田顕士