スタッフBLOG

防犯対策どうしてますか。

  • 2019年3月27日
  • スタッフブログ

こんにちは、管理課の篭橋です。

まだまだ寒さは続きますが、春はもうすぐそこにきていますね。

こんな気持ちのいい季節になるというのに・・・

 

来年には日本でオリンピックも行い、オリンピックに絡んでのオレオレ詐欺も増えてきているそうです。(オリンピック入場券を通常の倍の値段で販売するなど・・・)

大々的なイベントが始まるときは、残念ながら華々しいことだけではなく、注意しなければならないことも増えてきます。

 

今回は窃盗と防犯の話です。

家の侵入窃盗は年々少なくなっていますが未だ多くの住宅が被害にあっています。

主な侵入口は『窓』からです。暖かくなってきたこの季節、つい窓を開けたままの状態にして犯罪の被害にあわないために防犯意識を高めましょう。

窃盗の犯罪者は家の侵入に5分かかると7割、10分以上かかるとあきらめるそうです。

 

あきらめさせる方法として

音と光で侵入をさせない。死角になる部分は砂利を引いて歩くと音がするようにしたり、自動センサーで明かりを点灯するようにして誰かが来たら気づくように工夫をするとよいと思います。

無防備な家と思わせない。玄関など外から見える場所は整頓しておく、人目を気にしていない家は、犯行しやすいと思われてしまうそうです。

 

 

↑↓の写真 このように外からも見えやすい堀や窓を格子にすることで、侵入をためらわせ、また実際に侵入しようとしても破壊に手間取るため、途中で侵入をあきらめさせる効果も期待できます。また目隠し効果もあります。

 

 

これから暖かくなり、外の空気を入れ替えたいと窓を開けていたくなる季節です。

瑞浪市で新築をお考えの皆さま、このような心配事など、ぜひワダハウジングへご相談ください。

いろいろなアドバイスをさせていただきます。

宜しくお願いいたします。

 

 

 

瑞浪市で防犯対策の新築なら

ワダハウジング和田製材株式会社

篭橋和子