スタッフBLOG

家での家事の負担を減らしたいなら・・・

  • 2019年4月28日
  • スタッフブログ

先日、今年の母親の誕生日はどうしようかな?と思いながら花屋さんの前を通りかかるときれいなダリヤの花が・・・

吸い込まれるように花屋さんの中に入り他には目もくれず「これを下さい。」

 

 

お店の方に「明日、母親の誕生日なので」と伝えるとお店の方もより笑顔になり、世話をするコツや球根で何度も花を咲かせることが出来る事。

秋には花は小粒になるけどより鮮やかな色で咲くことなど、嬉しそうに聞かせて下さいました。

 

プレゼントを贈る相手がいるというのは幸せなことだな。と、その笑顔を見ながら改めて思いまるで花の癒しのマジックにでもかかっているような空間でした。

 

以前、「プロの仕事というのは人の心を動かす」と目にしたことがあります。

私たちはそういう仕事が出来ているのか?と思い返し、そういう仕事が出来るように。と心に留めておこうと思います。

 

毎日の家事はちょっとしたこともたくさんあります。

いわゆる「名もなき家事」もここに当てはまるものが多いのではないでしょうか?

 

よくぞそこに焦点を当ててくれました。そうそこなのよ。イライラしたりいたたまれない気持ちになったりするところは・・・

よくぞ名付けてくれました。なんだかスッキリ!などとこの言葉を初めて聞いたときは勝手に称賛してしまいました。

 

一つ一つの手間は少ないものの、行う頻度が高かったり、後回しにすると負担が大きくなるのが特徴だそうです。

 

ちょっとしたことなら自分でやればいい。ちょっとしたことならやってくれてもいいんじゃない。と心の中での葛藤。

気持ちに余裕がないとなんと悲しくなることか・・・。

 

皆様も負担に感じていること、もっとこうなったらいいのにと思うことを「私の場合は・・・」と、ぜひお話を聞かせて下さいね。

 

皆様が思う家事の負担をおもんぱかり良い提案がしていけたら良いな。家事の負担を減らす提案ができたらいいな。と思う今日この頃でした。

 

 

瑞浪市で家事の負担を減らす家を考える

ワダハウジング和田製材株式会社

塚本 由賀