スタッフBLOG

必見!無垢材を使用した家がもたらす効果とは?

  • 2019年12月26日
  • スタッフブログ

もうすぐクリスマスですね。

クリスマスに欠かすことのできないアイテムといったら、クリスマスツリーですよね。

 

瑞浪市で無垢材を使用した家を建てるならワダハウジング

 

クリスマスツリーに使用される木は、何の木かご存じですか。

 

 

答えは、もみの木です。

 

 

菌・防カビ効果のあるモミの木を家の中に入れることで、空気の浄化をして家族の健康を守ろうとしたことが、クリスマスツリーの起源だと言われています。

 

菌・防カビ効果以外にも調湿効果があり、サラサラで気持ちが良いです。

 

また、古くから結納台や絵馬、お守り、護摩木、ソーメン箱、かまぼこ板等、生活の中で広く活用されています。

かまぼこ板に使われるほど、噛んでもなめても健康に害がないのです。

 

現代の住宅では、室内の空気環境が悪化しやすく、内装材(室内の床や壁)、特に木材の調湿性や機能性が見直されています。

 

皆さんがよくお聞きするのが、『シックハウス症候群』。

主として住宅室内の空気質に関する問題が原因として発生する体調不良を指します。

 

何らかの理由で室内の空気が汚染された結果、その空気を居住者が吸引することによって発生するとされています。

 

 

【シックハウス症候群の発症原因】

 

・内装材、建具など、家を建てる材料に使われる化学物質(接着剤や塗料、溶剤など)

・いす、テーブル、壁紙、カーテンといった家具や内装品の化学物質

・カビ、ダニなどによる室内空気汚染

・石油ストーブやガスストーブによる一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物など

・たばこの煙に含まれる有害物質

・気密性が高い室内において、空気中の二酸化炭素濃度の上昇

・衣類の防虫剤、殺虫剤

 

 

シックハウス症候群にならない木の家を建てるには、無垢材を使うことが大切です。

 

無垢材であれば、化学物質が発生しない為、シックハウス症候群のリスクはかなり減らすことができるでしょう。

それでも部分的に接着剤等を使用する必要がある箇所もありますし、化学物質を全く使わないわけではないですが、使う量が少なければ少ないだけシックハウス症候群にはなりにくくなります。

 

また、無垢の天然木は木材になっても呼吸をしている為、吸湿性・放湿性が抜群。

常に、空気中の湿度を一定に保つ効果があります。

 

無垢材を使用した家に移り住んだことで、お子さまの小児ぜんそくの症状がピタっと治まったという例もあります。

小さなお子さま、アレルギー体質のお子さまをお持ちのご家庭には、無垢材を使用した家は最適な家づくりのひとつです。

 

とはいえ、無垢材を使って家を作るには、独自のノウハウが必要です。

 

無垢材は体にも優しく、手触りや質感もよく見た目も素敵ですが、年月が経つにつれてどうしても反りが出てくる為、建材として使用するのは決して簡単ではありません。

 

無垢材の特性を理解して、それをうまく利用しながら建てる必要がある為、無垢材での家づくりの実績が豊富な、信頼できる業者を見つけることが重要です。

 

瑞浪市で無垢材を使用した家を建てるならワダハウジング

 

 

 

瑞浪市で無垢材を使用した家を建てるなら

ワダハウジング和田製材株式会社

鈴木章裕

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

LINE公式アカウント始めました!

友だち追加お願いします!

瑞浪市で無垢材を使用した家を建てるならワダハウジング