スタッフBLOG

住宅取得後も税金がかかるんです!

  • 2021年1月22日
  • スタッフブログ

ますます、寒さが増してきました!

コロナ禍の中、本当に風邪には気を付けたいですね。

昨年からもそうですが、風邪ウイルス・コロナウイルスに負けないよう、一層うがいや手洗いはしっかり行いましょう!

 

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

 

さて、今回私のブログでは・・・・・・!

 

 

住宅取得後継続してかかる税金についてお話します

 

 

固定資産税という言葉は聞いたことはありますよね!

これは、毎年1月1日現在、土地や住宅を所有している場合には固定資産税。

原則として都市計画法に定める都市計画区域内の土地や住宅に対しては、都市計画税が併せて課税されます。

 

これらは毎年かかる税金ですよ!

住宅などを所有していると、住宅に関する一番身近な税金です。

その年の途中で土地や住宅を取得した場合には、その翌年から課税されます。

 

 

納期前に市区町村から納税通知書が郵送されます。

1回での納付 4期に分けての納付6月・9月・12月・翌年2月)する等の方法があります。

※市区町村により納付期日は異なります。

※市区町村により税率が異なる場合や、減免措置を設けている場合があります。

 

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

 

≪固定資産税≫

原則:土地  固定資産税評価額×1.4%(標準税率)

       特例措置  敷地の200㎡までの部分 固定資産税評価額×1/6

             敷地の200㎡超える部分 固定資産税評価額×1/3

             となります

原則:住宅  固定資産税評価額×1.4%(標準税率)

 

 

 

≪都市計画税≫

原則:土地  固定資産税評価額×0.3%(制限税率

       特例措置  敷地限税率の200㎡までの部分 固定資産税評価額×1/3

             敷地の200㎡超える部分 固定資産税評価額×2/3

             となります

原則:住宅  固定資産税評価額×0.3%(制限税率)

 

 

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

 

◎ここでちょっとした豆知識◎

 

【固定資産評価額】とは

固定資産評価額は3年に1度、知事または市町村長が固定資産税評価基準に基づいて評価した価額。

土地課税台帳または家屋課税台帳に記載される価額のことです。

一般的には、土地は地価公示価格の70%程度、住宅は建築費の50~70%程度と言われています。

 

 

基本建物に入居しますと市の固定資産税課の方がお住まいを見に来られて、評価額を検討されますのでびっくりしないようにして下さいね!

 

 

下記は納付に関するほんの一例です

 

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

 

住宅取得後の税金の相談ができる工務店なら

↑こちらをクリック

住宅取得後の税金の相談ができる工務店の見学なら

↑こちらをクリック

モデルハウスなら

こちらをクリック

施工事例なら

↑こちらをクリック

更に素敵な施工事例なら

↑こちらをクリック

お問合せなら

↑こちらをクリック

資料請求なら

↑こちらをクリック

 

Facebook 多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

Twitter 多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

Instagram 多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング 

 

Pinterest 多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング

 

 

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談なら

ワダハウジング和田製材株式会社

加藤卓巳

 

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

 

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

多治見市で住宅取得後にかかる税金の相談ならワダハウジング