スタッフBLOG

冬も夏も健康に暮らせる家の環境を教えます

  • 2021年2月16日
  • スタッフブログ

結論から言うとPOINTは3つ!

 

① 冬に快適で健康に暮らせる家の温度21℃、湿度45~50%。

② 夏に快適で健康に暮らせる家の温度27℃、湿度60%。

③ ①と②はダニやカビの発生を抑え、ウイルスなどが発生しにくい環境。

 

家の室内環境はどのくらいにするべきか?

結構難しい問題ですよね。

何か目安となるものがあると良いかと思いましてPOINTを上げさせてもらいました。

 

それでは、冬の温度から解説していきます。

イギリスでは国が中心となって室温と健康の関係性について20万件以上のデータを取ったそうです。

その結果を分析すると…

 

 

健康を保つ上で理想的な温度は

21℃以上

と結論付けされました。

 

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

東京都市大学の宿谷昌則名誉教授の研究でも21℃近辺が理想と結果が出ています。

エコハウスの第一人者、建築家松尾和也先生も体感温度21℃は目標値として適切だと。

 

続いて冬の湿度。

 

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

上記の表のように健康を保てる理想の湿度の最適範囲は40~60%。

ダニやバクテリアなどは50%を超えると急激に繁殖しています。

よって冬は45~50%を目標にしたい。

 

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

夏はというと室温21℃と湿度45~50にするのはかなり難しいです。

冷房をガンガンに聞かせて除湿器も併用するなどして電気代がかなり掛かります。

経済的にも地球環境の為にも良くないので現実的な目標にはならないと思います。

 

そこで、経済的にも地球環境なども考えると夏は27℃で湿度60%が目標です。

エコハウスの第一人者、建築家松尾和也先生も体感温度27℃、湿度60%が目標値だと。

 

この目標値に近づけば近づくほどダニやカビの発生を抑えられます。

 

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

ウイルスなどが感染しにくい環境にもなります。

是非、参考にしてください。

 

ちなみにこの環境をつくるには、エアコンや加湿器、自然素材の仕上げが必要になります。

家の断熱性能、気密性能が高くないとエアコンや加湿器などの電気代が高くなります。

地球環境にも悪影響を与えますので注意してください。

 

 

イベント情報

↑こちらをクリック

モデルハウス見学

こちらをクリック

 

冬も夏も健康に暮らせる家なら

↑こちらをクリック

冬も夏も健康に暮らせる家の見学なら

↑こちらをクリック

モデルハウスなら

こちらをクリック

施工事例なら

↑こちらをクリック

更に素敵な施工事例なら

↑こちらをクリック

お問合せなら

↑こちらをクリック

資料請求なら

↑こちらをクリック

 

Facebook 多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

Twitter 多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

Instagram 多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材 

 

Pinterest 多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材

 

 

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家なら

ワダハウジング和田製材株式会社

纐纈和正

 

 

店名:ワダハウジング和田製材株式会社

住所:〒509-5142

   岐阜県土岐市泉町久尻9-3

情報:0572-55-3103

 

 

LINE公式アカウントはじめました。

お友だち登録よろしくお願いします!

多治見市で冬も夏も健康に暮らせる家ならワダハウジング和田製材