スタッフBLOG

イームズ・イームズ・イームズ⑦

  • 2014年12月15日
  • スタッフブログ

「イームズ・イームズ・イームズ」

第7回目は、シンプルな椅子だが、成功したとは言い難いが名作です。

 

3473ソファ

3473ソファ

シンプルなデザインにみせるために、細かなディティールにこだわった椅子。

以前紹介した、ソファコンパクトにとても似ています。

全体のフォルムやサイズが、とても近いのですが内部のフレームだったり、クッションの土台だったりに拘りがあります。

その拘りが、コストがかかる要因になった為に、生産中止になってしまいました。

ネーミングは、販売元のハーマンミラー社のカタログナンバーからそのまま使用しています。

 

インターミディエイト・デスクチェア

 

インターミディエイト・デスクチェア

中間層を狙った作品ですが、高級すぎた椅子。

この椅子を発表した頃は、今までのイームズ作品の改良版が多かったようです。

この椅子もまさにそれに当たります。

近代化と増殖の進むオフィスマーケットをメインのターゲットにしたエグゼクティブチェアの安価版。

しかし、メインターゲット層には少し高級すぎたので、短命に終わってしまいました。

現存する固体が少ないのでいわゆる「レア」な椅子として現在は再注目されています。

 

チェイス

チェイス

眠る事のできない寝椅子と言われています。

幅が45cmと狭く決して安らかな眠りが出来ないデザインが特徴。

ユーザーとして想定したのが、イームズ夫妻の友人、フィルムメーカーの巨匠ビリー・ワイルダー。

彼が、ちょっとした休憩をとることを考えてデザインされたもの。

ようするに、本格的に寝込んでしまうと、幅が狭いので腕が下へばたっと落ちるという仕掛けで、目が覚めると目論んだようです。

しかし、余計なお世話というもので、歓迎されませんでした。

 

マネージメント・チェア

マネージメントチェア

構造はアルミナムシリーズで座面を心地の良い柔らかいソフトパッドに変更してあります。

基本的な構造はすでにあるものを使い、座面や背もたれなど外装を換えたリノベーション作品。

リノベーションという言葉が、その当時あったかどうかわかりませんが、このような取り組みも積極的に行っていました。

ただ、外装が変われば印象も変わるというのを、体現した椅子と言えます。

 

以上今回は4作品です。

次週もリノベーション的な作品を紹介します。

 

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正