スタッフBLOG

イームズ・イームズ・イームズ⑩

  • 2015年1月26日
  • スタッフブログ

今年2回目、そしてシリーズ10回目の「イームズ・イームズ・イームズ」です。

早10回目になってしまい、どんだけイームズで書くつもりなんだ~とツッコミがありましたが、まだまだ書きます。

と、いった所で今週も机です。

 

CTM

 

CTM(コーヒーテーブルメタル)

曲線と直線が織り成すコントラストの美しい机です。

コストと強度を満たしつつ、合理化を目指したプライウッドデーブルの初期の作品。

幾多の試行錯誤を重ね、天板の軽量化に成功した。

天板の窪みはデザインのように見えるが、強度を増す為のものです。

ちなみに、天板が赤く着色されたものは生産数が少なく、稀少価値が高い。

 

CTW

 

CTW(コーヒーテーブルウッド)

有機曲線のミニマルデザインの机。

イームズのコーヒーテーブルを代表する作品です。

上のCTMの脚をウッドにしたもの。

現在でも手に入れることが出来ます。

 

DTM-1

 

DTM-1(ダイニングテーブルメタル-1)

機能をデザインに昇華させた幾何学模様のテーブル。

スチール製の脚を折りたたむ事が出来ます。

そして、コンパクトに畳み込んだ状態の脚は、きっちりと天板の裏に収まり、収まった様子が幾何学模様で美しい。

この他にもDTM-20という正方形もあります。

 

IT-1

IT-1(イームズテーブル-1)

イームズ時代の刹那を語る稀少作品です。

イームズの作品は、ほとんどロングセラー作品ですが、IT-1は短命に終わっています。

子供用かと間違うぐらいのコンパクトさが受け入れられなかったようです。

DTM-1の正方形盤と間違うぐらい似ていますが、別物。

稀少価値はとても高いです。

 

以上で記念すべき10回目のイームズ・イームズ・イームズになります。

次回もテーブルを紹介していきたいと思います。

まだまだ、続きますよ~。

 

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正