スタッフBLOG

イームズ・イームズ・イームズ⑫最終回

  • 2015年2月9日
  • スタッフブログ

シリーズ12回目の「イームズ・イームズ・イームズ」です。

今週は家具以外のプロダクツです。

イームズこんなものまで、作成していたんですねぇ~。

そろそろネタも尽きてきたので、今週で最終回!

長かったです。

3ヶ月もこんな事書いてました。

 それでは、シリーズ12回目最終回スタートです。

 

 レッグスプリント

 レッグ・スプリント

成功への起爆剤になった作品。

これは、負傷兵の為の脚の添え木。

新しい技術を用いて、画期的な添え木を開発しました。

海軍に大変好評だったようです。

 

ラジオエンクロージャー

 

ラジオ・エンクロージャー

テレビの普及する前の1940年代は、ラジオが庶民の娯楽だったそうです。

家具意外にもこんな仕事を請け負っていたようです。

このラジオには2号機もあります。

 

フォールディングスクリーン

 

プライウッド・フォールディングスクリーン

自由自在に可変するパーテーション。

曲げ木の技術を応用して、こんな軽やかな波状のパーテーションも創っています。

折りたたみも自由自在で、持ち運びも簡単。

 

ハウスオブカード

 

ハウス・オブ・カード

子供も大人も夢中になったおもちゃ。

イームズが手掛けたおもちゃの中では代表的作品。

様々な写真を印刷したカードには、切込みがはいっており、別のカードを差し込んで色々な形に組み立てる事ができる。

遊ぶ人の創意と工夫で遊べるので、子供だけでなく大人も夢中になったそうです。

 

カラーリングトーイ

 

カラーリング・トーイ

組み立てて遊べる塗り絵。

ただの塗り絵ではなく、色を塗ったものを切り取って組み合わせたり、クリップで立体的に組み立てる事もできる。

想像力をかきたてずにはいられないおもちゃ。

 

ハングイットオール

 

ハング・イット・オール

ポップでかわいい遊び心いっぱいのハンガー。

カラフルなこのハンガーは、リボンや帽子などの身の回りの物を引っ掛けて遊ぶ事が出来るおもちゃ。

何もかけなくてもオブジェとして成立してしまう。

 

以上でおしまいです。

デザイナーであると同時にクラフツマン(職人)であったイームズ。

両方を兼ね備えていたからこそ、これほども名作が生み出されたのかなと思います。

 

そんな建築家に私もなっていきたい・・・

 

 

材木屋ならではの家づくり

土岐市・多治見市・瑞浪市での一戸建て注文住宅

ワダハウジング 和田製材株式会社

纐纈和正