スタッフBLOG

エコ給湯器の種類

  • 2014年2月24日
  • スタッフブログ

地球にやさしい住宅設備機器が良く売れているそうです。 CMなどでよく耳にする 「エコキュート」「エコジョーズ」「エコウィル」「エネファーム」 それぞれどのような違いがあるのか分かりにくいですよね。 ここで簡単にご紹介します。

上記の「エコキュート」「エコジョーズ」「エコウィル」「エネファーム」は全て給湯のシステムです。 エコキュートは電気でお湯を沸かす電気給湯器。 それ以外の3つはガスでお湯を沸かすガス給湯器になります。

 

2014022401

『エコキュート』  電気の力で、空気から熱を取り出し、その熱を利用してお湯を沸かします。 お湯を沸かすのに燃焼をしないのでCO2を排出しないのが特徴。  割安な深夜電力でお湯を沸かし、一日分のお湯を貯湯タンクに貯めておきます。  停電時には使用できません。

熱源:電気  湯切れ:あり 設置スペース:大  家庭用発電機能:なし 設置コスト:約60万前後 ランニングコスト:良い

 

 

2014022402

『エコジョーズ』 お湯を沸かしたい時に、今まで捨てていた排熱を再利用してお湯を沸かします。  瞬間式なので、必要なときに必要な分だけお湯が沸かせます。  停電時には使用できません。

熱源:ガス 湯切れ:なし 設置スペース:小  家庭用発電機能:なし 設置コスト:約20~40万前後 ランニングコスト:普通

 

 

 

2014022403『エコウィル』 ガスでエンジンを駆動させ、その力で発電機を回して電気を作ります。 そのエンジンの熱を利用してお湯を作ります。  停電時は発電機能が停止するものもあるので、機器選びに注意が必要。 ガスの供給が止まると発電は出来ません。

熱源:ガス 湯切れ:なし 設置スペース:大  家庭用発電機能:あり 設置コスト:約80万前後 ランニングコスト:良い

 

2014022404『エネファーム』 ガスから水素を取り出し、その水素と酸素を化学反応させて電気とお湯を作って貯める事が出来ます。  停電時は発電機能が停止するものもあるので、機器選びに注意が必要。 ガスの供給が止まると発電は出来ません。

熱源:ガス 湯切れ:なし 設置スペース:大  家庭用発電機能:あり 設置コスト:約200万前後 ランニングコスト:良い

 

 

 

ちなみにワダハウジングではエコキュートが標準になっています。

 

瑞浪市で地球環境に優しい住宅を建てる

ワダハウジング和田製材株式会社

 纐纈和正