こんにちは。

家づくりサポーターの三浦です

 

近年、家づくりで重視される方も多い

【家事ラクの住まいづくり】

 

今回は3回目になります。

 

※過去の記事は下記より

 

第1回は

家事ラク導線

(記事はこちらから)

 

第2回は

毎日の料理をラクにする時短テクニック

(記事はこちらから)

 

 

今回は

3.時短できれいにすっきりラクラクお掃除についてです。

 

皆様はお家の掃除で

「大変だな~」「めんどくさいな~」と

思われるところはどのような所でしょうか?

 

 

アンケートによると

第1位:浴室

第2位:キッチン

第3位:トイレ

と、いう結果でした。

 

共通しているところは

「水回り」

と、いうところです。

 

やはり水を使うところは掃除が大変と感じられる方が多いようです。

 

では第1位から第3位まで順番に対策を考えていきましょう!

 

まずはお風呂からです。

 

 

お風呂掃除でまず大変なところはカビ取りですね。

 

こちらについてはカビが生えにくい抗菌のフロア等が近年各メーカーで増えてきています。

 

名称は各メーカーで異なりますがカビが生えにくい、水はけがよいフロアが標準になってきています。

 

あとは排水溝のお掃除も上位に挙げられます。こちらについては各メーカーで対策の取り方が異なってます。

 

例えば、排水溝のパーツを抗菌にしカビの発生を抑えているものや捨て湯を利用してゴミを集め掃除がしやすくしているものなどがあります。

 

こちらは使い勝手や目的に合わせて商品選択をしていきましょう。

 

次にキッチンです。

 

 

新しいキッチンには掃除がしやすくなる工夫が随所にあります。

 

例えば

・ホーロー製の面材で汚れを落としやすくする

・IHコンロを使うことでサッと拭くだけのお手入れにする

・食洗器を使うことで洗い物の水撥ねを防止する等

あらゆる設備がお手入れの楽さに直結していきます。

 

その分、何もかも導入してしまうとコストが上がりがちになりますのでコストと実用性のバランスを考えながら導入しましょう。

 

 

またキッチンについては設備意外にスペースも考慮に入れておきましょう。

 

ありがちなのが「ゴミ箱」のスペースです。

 

ゴミに関しては分別なども考えると意外とスペースが必要になります。

 

きちんと場所を確保しないとキッチン回りが乱雑になってしまうことも‥。

 

間取り検討の際には

「ゴミ置き場」

をしっかり考慮しましょう。

 

最後はトイレについてです。

 

 

トイレも近年はお手入れのしやすい仕様が

各メーカーで用意されています。

 

例えば

・便座が持ち上がるリフトアップ

・座ると汚れ防止の薬剤が散布される仕様

・窪みが少なく汚れが入りにくい便座の形等

各メーカーが特色を持たせて商品販売をされています。

 

そのため、お手入れについては大きく差がなくなってきていますが注意点は便器の「材質」です。

 

大きくは陶器の物、FRPの物に分かれます。

 

一般的には陶器の方が傷がつきにくく長持ちすると

言われています。

 

そのため、商品と材質の特徴をしっかり比較して選んでいくようにしましょう。

 

最後に‥

 

 

水回りではないですが普段の掃除も最新家電を使うことで時短に繋がります。

 

掃除道具の収納場所も間取りの段階で検討が必要になります。

 

今、使っているもの、これから買おうと考えているものを把握し収納場所をプランニングしていきましょう。

 

今回は時短できれいにすっきりラクラクお掃除についてお送りしました。

 

次回は時短できる簡単洗濯術についてお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ワダハウジング和田製材株式会社

宅地建物取引士

三浦啓輔